ローカリゼーションテスト

RWSのローカリゼーションテストサービス

RWSのテストソリューションには、以下のサービスが1つ以上含まれます。

  • インターナショナリゼーション(i18n)テスト:製品のローカリゼーションに備えて、ローカライズ版に複製されるソースコードのバグを見つけて修正します。 これにより得られたローカリゼーション対応コードを基にして、どんな言語にも使用できる一連のソースファイルを作成します。
  • 機能テスト:Webサイトやソフトウェア製品が想定したように動作するかどうか、エンジニアが検証します。 機能テストは、異常終了、システムエラー、リンク切れといった不具合を製品開発プロセスの早い段階で解決するために実施されます。
  • ローカリゼーションテスト:ローカリゼーション後、ローカライズされた製品の動作が元のバージョンのものと一致するかをテストして、ローカリゼーションの過程で表示や見栄えなどに関する問題が生じていないかをチェックします。
  • 言語テスト:ターゲット言語を母語とする経験豊富なテスターが、ローカライズされた製品の最終チェックを行います。これにより翻訳の全体的な品質と正確さが確保され、お客様のブランドや製品に対してユーザーからの信頼を得ることができます。 誤字脱字、用語の揺れ、訳漏れといった言語的なミスがチェックされ、修正されます。
  • ユーザーエクスペリエンス(UX)テスト:その市場のあらゆるデバイスで製品やWebサイトをストレスなく利用できることを確認するために、UXテストを実施します。 お客様のブランドに関する知識や利用経験のレベルが異なるユーザーを集めて実際に支払いや予約などを実行してもらい、使い勝手に関する問題を一般公開前にあぶり出します。
  • テストの計画、開発、自動化:プロジェクトの範囲とテクノロジーやリソースに関する要件の明確化、テスト計画の策定、テストとソフトウェア開発サイクルの統合、手動タスクの自動化により、テストの期間短縮や費用削減を支援します。

ぜひRWSにご相談ください

RWSの幅広いテストサービスをご利用いただけば、どの市場でも本来の使用感や機能を損なうことなく製品、Webサイト、ソフトウェアを提供できます。

お問い合わせ

お問い合わせ
Telephone+44 1753 480 200