企業責任

RWSは、次世代のニーズに応える能力を犠牲にすることなく現在のニーズに応えるためには、環境、社会、経済のバランスを取ることが必要だと考えています。関係者ごとにニーズと期待は異なりますが、すべての関係者が会社のリスクとビジネスチャンスを共有することが重要です。

RWSの企業責任ポリシーは、RWSのビジネス手法、スタッフ、お客様、コミュニティ、およびRWSを取り囲む環境を網羅しています。RWSの企業責任への取り組みは、誠実、革新、俊敏、協調というRWSのコアバリューを基盤としつつ、RWSの経済的、社会的、環境的パフォーマンスの持続的成長を目指しています。

RWSは、事業活動を通じて企業責任を遂行し、それを高い水準で維持するよう努めています。

目標

  • 最高水準の企業行動を目指します
  • 高い倫理基準に基づいて事業を行います
  • お客様に高水準のサービスを提供します
  • 従業員の心身の健康を維持します
  • RWSの環境パフォーマンスを改善します
  • RWSが事業を展開する地域のコミュニティに積極的に貢献します

持続可能性に関するポリシーへのリンク

RWSは国連グローバル・コンパクト・イニシアティヴに参加しました。これは開発、実践、責任ある業務行為の開示に関する自主的なリーダーシップをとるためのプラットフォームです。UNグローバル・コンパクトは世界中の企業に人権、環境および腐敗防止の分野における広く受け入れられている10の原則に沿ってそれぞれの経営および戦略を実践すること、さらに持続可能な開発目標(SDGs)の中に具体的に盛り込まれている国連の目標と課題に対して行動することを求めるものです。

RWSは人々と地球がさらに平和と繁栄を享受できるよう、全国連加盟国が合意したこのSDGsに一丸となってに尽力していきます。  グローバル・コンパクトへの参加により、地球を守るために責任なる業務行為を行うこと、公正かつ誠実に事業を運営すること、そして安全で包括的な職場を用意するというRWSの誓約が明確に示されました。