ローカリゼーションのROIを達成する5つのカギ
Share
Click here to close
Click here to close
Subscribe here

ローカリゼーションのROIを達成する5つのカギ

ローカリゼーションのROIを達成する5つのカギ

Keys to Localization ROI

たとえグローバリゼーションに関する深い知識や経験をお持ちでなくても、ローカリゼーションへの戦略的投資の価値は理解いただけるでしょう。現代はまさにソーシャルメディア全盛。言語マーケットやコンテンツの選択肢も多種多彩な中で、言語やコンテンツのコーディネーション不手際は大きな打撃となりかねません。世界中の消費者から大きな批判を受け、収支だけでなくブランド評価に影響する事態も考えられます。

これまでにもローカリゼーションに注力してきた企業各位が、その投資に対する収益(ROI)を得るにはどうすればいいでしょう?高い成果を挙げてきた世界有数のグローバルブランドをお手本に、考えてみましょう。

 [Moravia日本語ブログを無料購読]

1. 全社的な協力体制の確立

グローバル市場で収益を上げるため組織的に取り組むにしても、製品発表直前になってローカリゼーション担当マネージャーが意思決定に参加するようでは成功の見込みはありません。製品生産から流通までのサイクルは今日、極端に短くなっています。中途半端な翻訳やローカリゼーション計画、修正に追われてお金と時間ばかりを使う、そんな無駄は避けなければなりません。

優れた業績をあげているグローバルブランドが、グローバリゼーション業務を組織の文化に深く織り込んでいるのはしごく当然のことです。世界各地に分散されたチームは、本社上層部の理解を得つつ、担当する市場に向けた製品ローカライズに取り組んでいます。サイロ化した環境にこもるのではなく、ローカリゼーションに協調して取り組み、リソースや納期短縮、コスト削減に向けたノウハウを組織の垣根を越えて共有する体制を構築しています。

2. ブランドコンテンツ戦略

役員や組織がどれほどサポートしようとしても、世界市場が相手、対象が言語というグローバリゼーションには現実問題として限界があります。

たとえば、アフリカ大陸には、2,000を越える言語と方言が存在します。多くのグローバルブランドにとって新興市場が有望な投資先なのは衆目の一致するところ。一方、未参入ブランドから見ればローカリゼーションコストは大きな壁です。ローカリゼーションでROIを確保するには、以下の基本要件/要素を慎重に評価する必要があります。

  1. 翻訳およびローカリゼーション業務の投資先として選ぶべき市場と消費者
  2. 上記ターゲット市場と消費者に投下するべき候補コンテンツ(全コンテンツと流通経路を視野に)

3. 業務に適したツール

ターゲット市場と提供コンテンツが決まっても、方程式の半分はまだ白紙のままです。コンテンツをどのように処理し、配信するかを決めなければなりません。市場投入までの期間が短くなっている今日、ROIを達成するには、翻訳とローカリゼーションのプロセスを円滑に進めるプロダクションサイクルを整備しなくてはなりません。

高いROIを達成しているブランドはアジャイルなローカリゼーションを得意とし、再利用と自動化を推し進め、標準の確立に注力しています。既存コンテンツを有効に活用し、成果物の品質を確保しながら、求められる速度、ボリュームで多様な市場にサービスや製品を展開しています。

4. 適切なパートナー

世界市場の多様さを考えるとき、ローカリゼーションのROI達成に優れたパートナーが必須であることも自明です。世界有数のブランドでさえローカリゼーション業務の社内インフラ投資は滞りがち。ローカリゼーション業務の適切なアウトソーシングは、成功のカギと言えるでしょう。ターゲットとなる市場を拠点に地域の文化に深く根ざした言語サービスを提供するパートナーを選びましょう。

優れた翻訳会社やローカリゼーション会社は、昔ながらの「ワード単価」モデルよりはるかに包括的な市場の深い分析に基づいた総合的サービスを展開しています。真のパートナーとなり得るのは、それぞれの市場に深く根付いた企業です。地域ごとの法的要件から、市場目標を達成できる技術リソースと人材まで、巧みに対応してくれることでしょう。

5. 評価指標

KPI、QBR、LQAなど、さまざまな用語がありますが、ローカリゼーションのROIの最後のカギは、結果の適正な評価です。ここまでに挙げてきた要件が市場目標の達成にどの程度貢献しているかを把握するには、翻訳やローカリゼーション業務の成果を適切に評価する物差しを持つ必要があります。

現在の実績を測定し、目標未達成領域があれば必要なサポートや方針の変更、投資拡大の可否を検討しなければなりません。市場ごとの納期、コスト、品質面での成果について適切な指標を運用することで、これらの問いの答えや、戦略的なローカリゼーションの目指すべきところが明らかになってきます。

ローカリゼーションのROI達成度の現状はいかがでしょうか?ご意見・ご質問がありましたら、ぜひとも以下のコメント欄にお寄せください。


[編集メモ:この記事は、2015年1月に投稿した内容に加筆・訂正したものです。リーボル・シャファルジュ による元の記事はこちらからご覧いただけます。]  [編集: MLS] [o/o-i]

 

Comments