【Podcast】翻訳業界のテクノロジー最前線
Share
Click here to close
Click here to close
Subscribe here

【Podcast】翻訳業界のテクノロジー最前線

【Podcast】翻訳業界のテクノロジー最前線

【ポッドキャスト】翻訳業界のテクノロジー最前線

ローカリゼーション業界に携わっている方の多くは、テクノロジーがいかに重要かを認識されていることでしょう。低コストで効率的に高品質な翻訳成果を挙げたり、多言語化をスピーディに進めたりするために、テクノロジーは重要な役割を果たしています。

しかし、ローカリゼーションにおいてテクノロジーが担う(あるいは、担うべき)役割には賛否両論があり、消極派の意見にもうなずかされる点があります。

[Moravia日本語ブログを無料購読]

テクノロジーをめぐっては、ローカリゼーション業界全体で議論百出の状況です。多種多様なシステムがマーケットに登場し、従来のテクノロジーも進化を遂げています。こうした動向は、翻訳プロセスにどのような影響をもたらすのでしょうか。

レナート・ベニナートとマイケル・スティーブンスがホストを務めるポッドキャストGlobally Speakingでは、さまざまな切り口から翻訳テクノロジーについてディスカッションを繰り広げています。今回は、ローカリゼーションサービス業界では、テクノロジーに関する議論がなぜ混迷を極めるのか、その背景についてディスカッションしました。 

今回のトピックは以下のとおりです。Globally Speaking Radio

  • ローカリゼーションプロセスの言語面の工程管理と、翻訳プロセス自体の管理には、どのような違いがあるか?  
  • LSPはテクノロジーに依存しない方が有利か?
  • クラウドベースのソリューションの普及は進んでいるか?
  • テクノロジーが複雑化すると、どのような影響がエンドクライアントに生じるか?
  • 翻訳者にとって、「ベスト」なテクノロジーソリューションは何か?

今回、ディスカッションしたトピック以外にも、ローカリゼーションサービス業界に携わる人たちが頭を悩ませるテクノロジーの問題は数多くあります。

本エピソードをお聴きになるには、以下のプレイヤーの再生ボタンをクリックしてください。iTunesGoogle Play(米国、カナダのみ)、StitcherTunelnRSS、専用ページwww.globallyspeakingradio.comから、ポッドキャストを購読いただくこともできます。

 

 

 

過去のポッドキャストについては、下記ダイジェストのリンクをクリックしていただくか、専用ページwww.globallyspeakingradio.comにアクセスしてください。

800px-Download_on_iTunes.svg_.pngen-play-badge.pngstitcher_logo_720w.pngTuneIn_Logo.jpg

 


[編集メモ:この記事は、2017年9月に投稿した内容に加筆・訂正したものです。リーボル・シャファルジュ による元の記事はこちらからご覧いただけます。]  [編集: MLS] [o/i]

 

Comments