Passolo 2022

よくある質問

Passolo 2022に関するよくある質問

Passolo 2022

旧バージョンのPassoloをご使用で、有効なSMA(サポート保守契約)をお持ちの場合は、Passolo 2022に無料でアップグレードいただけます。アップグレード版はRWSアカウントからダウンロードできます。 
 
旧バージョンをご使用で、有効なSMAをご利用でない場合は、Passolo 2018または2016からのアップグレードをご購入いただけます。当社営業担当までお問い合わせください。  
 
Passoloの新規ユーザーの場合は、次のいずれかの方法でご購入ください。 
  • 営業担当者に問い合わせて購入(翻訳会社または法人企業の場合)
  • 現地の認定販売代理店に問い合わせて購入(翻訳会社または法人企業の場合) ※2021年2月現在、日本に認定販売代理店はございません。 

Passolo 2022

Passolo 2018/2016から移行する場合は、特別アップグレード価格をご利用いただけます。Passolo 2015およびそれ以前のバージョンから移行するには、Passolo 2022の新規ライセンスをご購入いただく必要があります。 
 
アップグレードプロセスは、Passolo Professional、Passolo Team、Passolo Collaboration Editionのいずれも共通です。 
 
Passolo 2018/2016をご利用のお客様がPassolo 2022にアップグレードする場合は、次の操作を行う必要があります。 
 
1.現在使用しているPassolo 2018/2016のライセンスを非アクティブ化します。 
  • ご使用のPassoloアプリケーションに移動します。 
  • [ヘルプ]>[製品のアクティベーション]>[非アクティブ化]の順にクリックします。 
2.ご自身のRWSアカウントでライセンスをアップグレードします。
  • RWSアカウントにログインし、[ライセンス]セクションに移動します。
  • 左側に、黄色い矢印アイコンが付いた[アップグレードの確認]が表示されています。アイコンをクリックしてアップグレードページに移動します。 
  • [アップグレード]ボタンをクリックしてライセンスのアップグレードプロセスを実行します。ライセンスを複数所有している場合は、アップグレードするユーザーライセンスの数を選択する必要があります。 
  • 新しいライセンスコードが生成されます。  
3.新しいライセンスコードをコピーし、Passolo 2022アプリケーションに貼り付けてアクティブ化します。 
 
Passolo 2022 Translator Editionは、翻訳者向けの無料バージョンです。以前のバージョンを残したまま、2022を平行でインストールすることが可能です。Passolo 2022 Translator Editionは、RWSのウェブサイト(こちら)から無料でダウンロードできます。 

Passolo 2022

どのバージョンからアップグレードするかによって異なります。 
  • 元のライセンスがPassolo 2016で、両方のバージョンを維持したい場合は、アップグレードではなくフルライセンスのご購入をご検討ください。 
  • 元のライセンスがPassolo 2018の場合は、Passolo 2022のライセンスが「複合ライセンス」であるため、Passolo 2018とPassolo 2022の両方を同一マシンで使用できます。複合ライセンスを使用するためには、Passolo 2018をCU14以上に更新する必要があります。更新後に、新しいPassolo 2022ライセンスも利用できるようになります。
  • 元のライセンスが無料のPassolo 2018 Translator Editionの場合は、無料のPassolo 2022 Translator Editionを追加でインストールし、前のバージョンとともに使用できます。 

* CUは、Cumulative Update(累積更新プログラム)の略です。RWSでは常に製品の見直しと改良を行い、必要に応じて強化した機能や修正をリリースしています。これらはCumulative Updateに含まれ、自動アップデート機能により自動的にインストールされます。Cumulative Updateが利用可能になると、自動的に通知されます。これまでのPassolo 2018 SR1の拡張機能と修正の全リストについては、こちらをクリックしてください。

Passolo 2022Passolo

Passoloには下位互換性がありません。ただし、Passolo 2018と並行してPassolo 2022を使うことは可能です。この場合、2つのライセンスは必要ありません。これは移行プロセスで役立ちます。

Passolo 2022

Passolo 2022の対応ファイル形式のリストは、こちらのテクニカルドキュメントでご覧いただけます。

Passolo 2022

Passolo 2022は、Trados GroupShare 2017、Trados GroupShare 2020(オンプレミス)、Trados Team、Trados Enterprise(クラウド)に対応しています。  
 
オンプレミスソリューションで作業する場合は、Trados GroupShare 2020の最新バージョンを使用することをお勧めします。  
 
最新リリースの詳細については、Trados GroupShare 2020のナレッジベース、Trados TeamのRWSコミュニティページ、Trados EnterpriseのRWSコミュニティページを参照してください。

Passolo 2022.NET 6.0

マイクロソフトは先日、次世代プラットフォームである.NET 6.0を発表しました。これは、デスクトップ、ウェブ、モバイル向けアプリケーションの開発をサポートする、統合型の新しいクロスプラットフォームプログラミングフレームワークです。これにより、開発者は単一の.NETランタイムおよびフレームワークと共通のAPIセットを使用して、場所の制約なく作業できるようになり、一貫したランタイム動作とエクスペリエンスが得られるため、作業が非常に楽になります。  
 
この流れを受け、Passolo 2022では、前の.NET 4.8プラットフォームと並行して.NET 6.0をサポートしました。そのため、新しいフレームワークですぐに作業を開始したい方にも、しばらくは旧世代の環境で作業したい方にも、引き続き安心してご使用いただけます。お客様は、ビジネスのペースに合わせて新しい.NETフレームワークに移行し、ローカライゼーションプロセスを調整できます。そのすべての過程をRWSがサポートしますので、どうぞご安心ください。 

Passolo

完全にサポートされるPassoloのリリースバージョンは、Passolo 2022です。 
 
RWSでは、限定サポートリリースとしてPassolo 2018のサポートを継続します。 
 
Passolo 2016のエンジニアリングサポートとテクニカルサポートは、2022年6月30日に終了します。 
 
Passolo 2015、2011はサポートを終了しています。RWSはサポートを終了した製品に対して、技術サポートの提供やService Packの発行、また修正は行っておりません。 

Passolo 2022

Passolo 2022の動作環境:
  • Windows 10、11などのMicrosoft Windows互換PC(オペレーティングシステムとしてWindowsを搭載しているIntelベースのApple Macコンピュータを含む)、2GHz以上、32ビット(x86)または64ビット(x64)プロセッサ、4GBのRAM(32ビット)または8GBのRAM(64ビット)64ビット版オペレーティングシステムの場合は、最適なパフォーマンスを実現するために、デュアルコアまたはマルチコアテクノロジー採用の最新プロセッサ、8GBのRAM、画面解像度1280x1024以上を推奨しています。 
  • 1280x1024ピクセルの画面解像度、256色以上 
  • 最小要件として、4GBのディスク空き容量を推奨します。  
  • Passoloインストーラを実行するための最大1.5GBのディスク空き容量。