Trados Studio 2021 Service Release 2

Trados Studio 2021の最新無料アップデート

Trados Studio 2021 Service Release 2(SR2)では、デスクトップアプリケーションとTrados StudioのクラウドコンパニオンであるTrados Liveに、生産性と操作性を高めるさまざまな新機能が搭載されています。これらの機能強化により、効率性が高まり、翻訳がより容易になります。
  • Service Release 2

  • Service Release 1

絵文字をサポート

きっとご満足いただける新機能です😀。Trados Studio 2021とTrados Live上で絵文字を維持して翻訳することで、時間を節約し、原文テキストと訳文テキストを完全に一致させることができます。絵文字はTrados Studio 2021ではプレースホルダタグとして表示され、Trados Liveのオンラインエディターでは絵文字として表示されるため、テキスト内のどこに絵文字が表示されるかを簡単に確認できます。
 
Unicode 13の拡張サポートも導入され、使用されているすべての文字(Unicode定義に準拠)が保持されるようになりました。
リリースノートを読む

クラウドにプロジェクトを簡単に保存

ローカルプロジェクトをクラウドに保存したい場合、ローカルプロジェクトをTrados Liveに保存できるようになりました。デスクトップからクラウドに移行するためのより迅速で簡単なワークフローを提供します。自分で作成したプロジェクトでも、外部の翻訳会社から受け取ったプロジェクトパッケージでも、ボタンをクリックするだけでプロジェクトをクラウドに公開できます。
SR2に関するブログを読む

TMをクラウドに簡単に移行

ローカル翻訳メモリ(TM)をTrados Studio 2021からTrados Liveに簡単に移行できるため、時間を節約できます。Trados StudioでTMを選択し、シンプルな移行ウィザードに従ってください。クラウドでもデスクトップでもTMを使用できるようになります。また、複数のローカルTMを1つのクラウドTMに統合するオプションにより、チームの作業効率がさらに向上します。

その他のTrados Liveの拡張機能

Online Editorについて:
  • upLIFT Fragment Recallが導入され、TMを最大限に活用できるようになりました
  • サードパーティの文法チェックやスペルチェックのアドオンに対応し、翻訳品質をすばやくチェックできるようになりました
  • 用語ベースから用語をすばやく挿入できるようになりました。
 
さらに、RWS AppStoreを通じたTrados Liveのサードパーティ機械翻訳サポートや、TMメンテナンス時の一括編集オプションも利用できます。

その他さまざまな機能

  • Trados Studio 2021とTrados Liveに、Memsourceファイル形式(MXLIFF)のサポートが組み込まれました。
  • 多要素認証(MFA)のサポートなど、Trados Studioのクラウドプロジェクトで作業する際の互換性が向上しました。
  • Trados Studio APIに関する新規ドキュメントや更新されたドキュメント、新しいReports APIなど、APIの機能が拡張されました。
  • 新しいデザイン:TradosがRWSからリリースされるようになったため、Trados Studio 2021とTrados Liveのブランドが一新されました。

自動タグ配置機能で生産性向上

Trados Studio 2021 SR1では、タグが翻訳セグメントに自動で挿入されるようになり、時間と労力の大幅な節約につながります。フォントや色など、ドキュメントの書式設定に関する情報を含むタグが翻訳セグメントに自動で挿入されるため、原文文書の書式設定を翻訳済み文書に正しく適用することができます。
リリースノートを読む

クラウドとデスクトップ間の作業の柔軟性が向上

Trados Liveからダウンロードしたプロジェクトパッケージにプロジェクト翻訳メモリ(TM)と用語ベースが含まれるようになり、Trados Studio 2021で完全にオフラインで利用できるようになりました。 

Trados LiveとTrados Studio 2021の間で、QA Checkerやタグ検証などのプロジェクト設定の同期が強化されました。また、ユーザーによるプロジェクトのビューの管理も強化され、現在アクセス中の環境にあるクラウドプロジェクトのみを表示することが可能になりました。

SR1のよくある質問

ニューラル機械翻訳で3,000種類以上の言語ペアを利用できるようになりました

Language Weaverのニューラル機械翻訳(NMT)では、Trados Studioを介して3,000種類以上の言語ペアを利用できます!当社の安全なNMTは、コンテンツを自動翻訳したい翻訳者にとって最適なソリューションです。さらに、Trados Studioユーザーは、1アカウントにつき年間最大600万文字まで、NMTを無料でご利用いただけます! 

言語ペアの詳細

NMTの詳細

用語集の機能が向上

SR1によりMultiTerm 2021の機能がさらに強化され、用語集の操作がより迅速で簡単になり、直感的に使用できるようになりました。マウスやキーボードを使用して候補リストの項目をすばやく検索、フィルター、追加できます。また、用語ベース参照リストと用語ベースダイアログボックスへのアクセスがより迅速になりました。 

Trados Live Terminologyユーザーにとって、MultiTermとTrados Live Terminologyがますます近く感じられるようになります。Trados Studioで作業する際に、使い慣れた用語認識設定と精度の高い用語認識を利用して、用語検証を綿密に行えます。

その他の機能強化

Trados Studio 2021 SR1では、この他にも以下を含む数多くの機能強化も行われています。

  • オンラインヘルプの完全ローカライズ
  • リモートリソースを扱う際の操作性が向上
  • クラウドプロジェクトを作業する際のTrados Studioのエラー処理が改善
  • SDLXLIFFファイル形式のサポートがTrados Liveで利用可能
  • バグ修正 - 詳しくはSR1リリースノートをご覧ください。
リリースノートを読む