Passolo

ソフトウェアローカリゼーションに要する時間を短縮して、負担を軽減できます。ダイアログボックスやメニュー、表示テキストなどのグラフィカルユーザーインターフェイス要素を簡単に翻訳できます。すべてのソフトウェアローカリゼーションプロジェクトの翻訳、共有、共同作業の全体を一元管理された1つの環境で実行できます。

Passoloは、多言語でのより迅速なソフトウェアリリース、より高品質なソフトウェアローカリゼーション、より効率的なプロセスを実現するインテリジェントなワークフローと直感的に操作できるプロジェクト管理機能を備えています。

無料トライアル版はこちら

主なメリット

マルチリンガルソフトウェアのリリースをスピードアップ

ソフトウェアローカリゼーションを簡素化

翻訳プロセスをスピードアップ

グラフィカルユーザーインターフェイスを簡単に翻訳

リアルタイムでソフトウェアをテスト

ソースコードをバグから保護

主な特徴

ソフトウェアのローカリゼーションをスピードアップ

ソフトウェアローカリゼーション中に、翻訳リソースを可能な限り効果的に再利用します。 

Passoloは、RWSの業界をリードする翻訳ソフトウェアであるTrados StudioMultiTerm、RWSの翻訳管理システムと緊密に統合されているので、既存の翻訳資産や用語集すべてにアクセスできます。

ソフトウェアのローカリゼーションをスピードアップ
洗練されたプロジェクト管理
さまざまなファイル形式への幅広い互換性
カスタマイズと統合

「Passoloのおかげで、プロジェクト生成から、一括翻訳、言語ファイルの作成、検証、品質テストにいたるソフトウェアローカリゼーションプロセス全体で、非常に高度なレベルの自動化を迅速に達成できました」

Frank Fürniß氏、Product Development