ケーススタディ

LEAPMOTOR社、高品質のデジタルコンテンツ体験を実現

電気自動車のコンテンツを構造化して管理することで、顧客とディーラーの満足度が向上し、顧客からの苦情が40%減少しました。
LEAPMOTOR社、高品質のデジタルコンテンツ体験を実現

2015年に創立されたLEAPMOTOR社は、132件の特許技術と、中国の浙江省にインテリジェント車両生産工場を持つ電気自動車会社です。費用対効果が高いスマートな電気自動車の顧客層は、パーソナライズされた自動車体験を期待する若い購買層が中心です。 

こうしたデジタル慣れした消費者は、検討段階や構成段階から、車内でのコネクテッド体験やアフターサービスに至るすべてのタッチポイントで、オンデマンドなコンテンツ配信を求めます。そのため、デジタルチャネル(オンスクリーン表示、音声アシスタント、アプリ)を通じてコンテンツを配信し、新車の操作をすぐに習得できるよう顧客に合わせてカスタマイズしたガイドを多言語で提供する必要があります。

業種:

製造
Leapmotor Case Study - RWS
「RWSが開発したサービス情報プラットフォームは、大成功を収めました。Tridion Docsは充実した機能を備えており、当社の要件に合わせてカスタマイズすることができました。RWSの開発エンジニアはプロ意識が高く、常に協力的で、素晴らしいサポートを提供してくれました。とても感謝しています」
Jesse Zhou氏、LEAPMOTOR社、After-Sales Service担当Senior Manager

課題

  • 顧客が必要な情報を見つけやすくする 
  • 複雑な製品情報の公開に要する時間を短縮する 
  • 構造化されたコンテンツモデルに移行し、コンテンツをさまざまな言語で簡単に再利用できるようにする 
  • 開発サイクル短縮のニーズに対応する 
  • 旧式のパブリッシングテクノロジーと置き換える

結果

  • アフターサービスへの相談と顧客からの苦情が40%削減 
  • ディーラーのシステムとの統合を効率化し、修理の迅速化やジャストインタイムのパーツ管理を実現 
  • デジタル版のマニュアルを提供し、販売後のサポートやサービスのプロセスを最適化 
  • LEAPMOTOR社のビジネスニーズに合わせて拡張できるシステムをカスタマイズ 
  • 多言語コンテンツを視野に入れた将来のグローバル化戦略に対応