ケーススタディ

米陸軍、朝鮮半島の言語の壁を打破

韓米連合師団の第2歩兵師団で、安全性の高い機械翻訳(MT)を活用したチャットが、米国と韓国の関係者1万人を隔てる言語の壁の克服に役立っています。
米陸軍、朝鮮半島の言語の壁を打破
韓国に駐留する米陸軍の関係者は韓国陸軍関係者と密接に連携していますが、両者間にある言語の壁から誤解が生じるケースもあります。ところが、連合師団の翻訳リソースは限られており、有料のプロの通訳者は高級士官しか利用できません。
US Army Web Case Study - RWS
「米国と韓国の陸軍関係者は、最低限の遅延で円滑にコミュニケーションできるようになりました」
米陸軍

課題

  • 韓国語と英語間での迅速かつ高品質なドキュメント翻訳 
  • 米陸軍のチャットクライアントソフトウェアでの即時翻訳 
  • 全関係者への安全性に優れた翻訳ソリューションの提供

結果

  • ドキュメント翻訳にかかる時間が最長2か月から1日に短縮 
  • 全員がチャットの即時翻訳を利用可能に 
  • 翻訳品質が向上 - 問題の迅速な解決と誤解の減少