Passolo

エディション

Passoloには、お客様の要件に応じたさまざまなエディションが揃っています。

Team Edition
ローカリゼーションマネージャー向けのバージョンです。Team Editionで作成された翻訳パッケージは、無料のTranslator Editionで編集できます。つまり、1つのTeam Editionライセンスで、プロジェクト全体を外部翻訳者へ送ることができます。

Collaboration Edition
Team Editionと同機能のバージョンですが、FTP/SFTPサーバーまたはBox(クラウドストレージプラットフォーム)を介して、翻訳パッケージを翻訳会社や翻訳者と自動的に同期させることも可能です。Passoloの文字列リストを、Trados Enterprise、Trados Team、Trados GroupShareに直接公開することもできます。

Professional Edition
開発チームまたはローカリゼーションエンジニアによるビルドサーバー上での使用に適したバージョンです。翻訳会社が個別のバージョンのPassoloを使用している場合、ローカリゼーションマネージャーは翻訳パッケージ(プロジェクトの一部)を翻訳会社用にエクスポートできます。

Translator Edition
Team EditionまたはCollaboration Editionを使用して作成された翻訳パッケージ用の無料の編集環境です。あらゆる翻訳機能と実稼働機能、ビジュアルローカリゼーションが含まれ、すべてのRWS翻訳ソリューションと緊密に統合されています。Translator Editionには、ソースファイルの分析や訳文ファイルの作成を行うプロジェクト管理機能は含まれていません。

製品を比較
製品を選択
Passolo
Team Edition/Collaboration Edition
Passolo
Professional Edition
Passolo
Translator Edition
ローカリゼーション機能
ダイアログおよびメニュー用WYSIWYGエディタ
アイコンおよびカーソル用のビットマップエディタ
サードパーティエディタの統合
更新機能
整合機能
仮翻訳機能
翻訳機能
自動翻訳
翻訳メモリ
用語集
翻訳アシスタント
自動反映
インタラクティブ翻訳用の高速あいまい一致テクノロジー(QuickIndex)
訳語検索
Trados StudioまたはTrados TM Server/MultiTerm Server/Trados GroupShareでの直接検索
カスケードプロジェクト(ピボット言語によるローカライズ)のサポート
参照言語の追加表示
ロールバックを含む編集の全履歴
生産性を高める機能
テキスト文字列の検索と置換
ダイアログ要素のグループ化と非表示
テキスト文字列のフィルター
翻訳リストの並べ替え
MultiSelect
データ交換機能
テキストファイルのインポート/エクスポート(UNICODEおよびASCII)
CSVファイルのインポート/エクスポート(UNICODEおよびASCII)
Microsoft用語集のインポート
Passolo用語集のエクスポート
TMX 1.4レベル2のエクスポート
各種翻訳システム向けXMLエクスポート/インポート
QA機能
一般的なローカリゼーションエラーのチェック(選択可)
テキストの長さとピクセル幅のチェック
用語のチェック
翻訳の整合性チェック
Microsoft Wordでのスペルチェック
プロジェクト機能
レポートと統計情報
翻訳バンドルの作成
翻訳バンドルの編集
Team Edition翻訳バンドルの作成
Team Edition翻訳バンドルの編集
ネットワークフォルダ、FTP/SFTPサーバー、またはBox(クラウドストレージプラットフォーム)経由で元のプロジェクトと同期可能な翻訳バンドルの作成
(Collaborationのみ)
(FTP/Boxエクスポートの対象)
Passolo文字列リストのSDLXLIFF形式でのエクスポート
Passoloの文字列リストをTrados Enterprise、Trados Team、Trados GroupShareに直接公開
Collaboration Editionに搭載、Team Edition向けに有料アドオン(オプション)
有料アドオン(オプション)
カスタマイズと自動化機能
VBA互換マクロ向けランタイムエンジン
エディタおよびデバッガを含むIDE
OLE自動化対応