政府機関向けソリューション

テクノロジーと人間の融合。

機械翻訳が架け橋に。

お問い合わせ

機械翻訳と人の
架け橋。

多言語コンテンツに対する政府の要件は幅広く、多岐にわたります。公共機関、防衛、インテリジェンス、法執行などの部門や機関が効率的に機能し、最終的に市民にサービスを提供し、保護するために、言語が克服すべき障壁となることは珍しくありません。 

Language Weaverは、最先端のニューラル機械翻訳テクノロジーを基盤に構築された幅広いソリューションを提供し、安全かつ迅速に、そして大規模に、外出先でも翻訳を提供します。

情報および法執行

多言語コンテンツのスピードに対応する力を強化し、データの価値を高めることができます。 

Language Weaverは、信頼できるオンプレミスのファイアウォールの内側に導入することも、わずか数時間でプライベートクラウドに導入することも可能です。よって、組織のネットワーク内でデータを安全に保護しながら、ほぼ瞬時に翻訳を行うことができます。この機能を使用することで、さまざまな多言語アプリケーションに対応できます。

オープンソースインテリジェンス(OSINT)およびブロードキャストモニタリング

アクショナブルインテリジェンスを得る目的でウェブから大量のデータを収集するには、高度な機械翻訳とニューラル言語処理(NLP)を用いて外国語コンテンツを翻訳し、有益な情報を自動抽出して、収集したすべてのデータをインテリジェンスアナリストが利用できるようにする必要があります。
  • 電子情報開示とデータ分析で、国際的な案件における多言語ドキュメントのレビューを実施 
  • モバイル・デジタルフォレンジックで調査時間を短縮 
  • オープンソースインテリジェンス(OSINT)とブロードキャストモニタリングにより、言語にかかわらず、アクショナブルインテリジェンスを獲得 
  • デバイス上のシグナルインテリジェンス(SIGINT)により、言語と国境を越えた軍事活動を実現 
  • 合法的傍受管理システム(LIMS)で、犯罪に関連する通信の場所、傍受、監視、分析にリアルタイムで対応 
  • サイバー脅威インテリジェンス(CYBERINT)により、ダークウェブやオープンウェブから収集した多言語の会話を分析して翻訳し、アクショナブルインテリジェンスを提供

公共機関

Language Weaverの統合ニューラル機械翻訳ソリューションにより、常に変化するポリシー、記録、通信、法律、規則、統計、科学技術情報を最新の状態に保ち、多言語で利用することができます。 

効率を向上させ、従業員の間で情報を再利用する一方で、市民に対してセキュリティ、コスト、イノベーションの大きなメリットを提供します。多言語でのチャット、セルフサービス用の多言語ナレッジベース、リアルタイムチャットボットなど、さまざまな分野に対応しています。

お問い合わせ

Loading...