エンタープライズソリューション

テクノロジーと人間の融合。

機械翻訳が架け橋に。

お問い合わせ

機械翻訳と人の
架け橋。

デジタルな世界において、コンテンツの翻訳に対するグローバル企業のニーズは、臨時であるか、大規模であるかにかかわらず、ますます高まっています。 

多言語コンテンツをグローバル化された顧客ベースに提供することは、「あれば便利な」要件ではなく、「必須の」要件となっています。 

機械翻訳はどこにでも存在し、自由に利用できます。では、何が問題なのでしょうか? 

本質的な問題はセキュリティです。無料の翻訳ソフトウェアは信頼できるものでしょうか?従業員がそのような無料のソフトウェアで翻訳を行った場合、そのコンテンツの安全は保たれるでしょうか? 

Language Weaverが提供する一元管理されたセキュアな翻訳プラットフォームは、各ユーザー、ワークグループ、プロジェクトを含む企業規模で、大量なデータの翻訳を管理します。 

言語の障壁なく、顧客と明確に意思の疎通を図ることは必要不可欠です。顧客サポート向けにカスタマイズされたニューラルMTソリューションでは、問題解決にかかる時間が短縮され、多言語サポートの提供コストも削減されます。顧客の言語で語ることの価値は明確であり、効果的なローカリゼーションのワークフローが導入されている場合、エンゲージメント率と維持率は70%以上高まります。 

つまり、ニューラル機械翻訳を既存のワークフローに組み込むことで時間とコストを節約することができ、ワークフローを自動化することでビジネスの成長と維持に向けた新たな機会が生まれます。

多言語の顧客サポート

ユーザーの言語でサポートを提供することは顧客の成功に不可欠ですが、24時間体制で多言語チームを維持しようとするとコストがかかり、拡張性も不十分になります。機械翻訳をプロセスの中心に置き、お客様の製品やサービスに適合させることで、人手を介さずに第一レベルのサポート問題の40%以上を捕捉し、重要な問題の平均解決時間(MTTR)を最大60%短縮することができます。企業は中核となる製品やサービスに集中しながら、大規模な多言語サポートを提供することができます。

コンテンツローカリゼーション

コンテンツ量の増加に伴い、従来のローカリゼーションを採用している企業は、時間とコストの増大というプレッシャーに苦しんでいます。 

Language Weaverのソリューションは、過去10年間でサービスプロバイダーのワークフローに組み込まれてきました。また、ニューラルMTの登場と品質の劇的な向上により、エンドユーザー企業はこのテクノロジーを所有し、そのメリットを拡大しようとしています。

お問い合わせ

Loading...