ケーススタディ

Best Buy Canada社、大量のコンテンツを迅速に翻訳して成長を加速

コスト削減と翻訳量拡大の両立は、どうすれば容易に実現できるでしょうか?その鍵は、高品質のニューラル機械翻訳とポストエディットサービスにあります。
Best Buy Canada社、大量のコンテンツを迅速に翻訳して成長を加速
多国籍の家電量販店Best Buy Canada社は、ケベック州フランス語局との合意の下、取り扱い商品の英語版ウェブコンテンツが公開されてから72時間以内に多言語翻訳されたウェブコンテンツを公開することになっていました。ところがわずか数年で翻訳対象のコンテンツの量が増え、能力的、予算的に困難であることに気づいたのです。

業種:

小売
Best Buy Canada Web Case Study - RWS
「品質、コスト、長期的な実績の最適なバランスが取れたことを誇りに思います。RWSは社内チームの延長のようなもので、連携しながら品質と一貫性を保ちつつ、納期を順守しています」
Karine Morcet氏、Best Buy Canada社

課題

  • 翻訳量増加と短納期化により、人の手による翻訳の負荷が増大 
  • 品質を犠牲にしない翻訳コスト削減の要望 
  • コミュニケーション、予測、計画の必要性 
  • 翻訳チームの拡張性

解決策

結果

  • 機械翻訳によりコストを43%削減 
  • 機械翻訳とポストエディットのワークフローで翻訳品質を維持 
  • サービスレベル契約(SLA)、予測、チームの定期電話会議により、計画を改善し、中断が減少 
  • 2万~2万5,000ワードを48時間で翻訳