デジタル作業環境を整備するTridion

正確な情報を提示し、見つけやすさの問題を解決して、連携を簡素化することにより、従業員とパートナーのためのデジタル作業環境を構築できます。 

人々が信頼できる実用的な情報を利用できると同時に、AIに対応した未来のイントラネットで共同作業を一元化できます。 

ワークフローを効率化することで、人、知識、コンテンツを統合し、従業員がどこにいても、どのように仕事をしていても、新世代のインテリジェントなコンテンツとエンゲージメントを実現します。

次世代イントラネットで作業環境を変革

DAF
「資金の節約、増員の回避、より質の高い一貫性のある最新情報の提供をすべて同時に実現できました」

Jan Feenstra氏

無料ガイド:現代的なイントラネット戦略を立てるための3ステップ

探しても見つからない情報の検索に費やすコストが年間570万ドル。*

従業員の70%が、効果的に行動するために必要な情報を見つけられていません。従来型のドキュメントベースのシステムが稼働している企業では、存在するデータが大量であるため、コンテンツをサポートしきれないのです。平均的な従業員は、探しても見つからない情報の検索に週10時間ほどを無駄に費やし、そのコストは数百万ドルに達します。これは情報の断片化が原因で、その原因の一端は企業イントラネットにあります。 

*IDC Technology Spotlight(SDL/RWS後援)、「The Future of Knowledge Management: Agile, Governed & AI-Ready Componentized Content Services(知識管理の未来:俊敏性と管理性を備え、AI対応が可能なコンポーネント化されたコンテンツサービス)」、2019年5月

レポートを読む

デジタル作業環境を整備するTridionがもたらす成果

生産性の向上、人材の活性化、ビジネスの飛躍的な成長の実現。
Bar chart increase
生産性が44%向上。
Identify document icon
コンテンツの見つけやすさが75%向上。
Down arrow screen
管理対象のコンテンツ量が81%減少。
Document search tick
コンテンツの再利用率が32%向上。
People down arrow
電話サポートが20%減少。

AI対応のイントラネット

次世代のイントラネットでAIに対応するための知識を蓄積し、現代の作業環境における課題に取り組む必要があります。RWSの優れたテクノロジーによって、意味付けされたタグをコンテンツに付け、さまざまなフォーム、言語、チャネルでのディープリンキング、状況に応じた検索、正確な再利用が可能になります。 

複数のコンポーネントを使用し、さまざまな視点から構築した体験を強化することでAIのメリットを生かせるようになり、インサイトの作成、コミュニケーションの向上、インタラクションごとのパーソナライズが実現します。

主な特徴

Cog content

信頼できる唯一の情報源

さまざまなソースから知識を集約し、一元管理するアクセスポイントを構築し、そこが幅広い関係者が明確な情報を常に得られる場所になります。 

管理と承認が適切に行われ、見つけやすい情報が、実践力になる積極的な人材の仕事の原動力になります。

信頼できる唯一の情報源
共同作業の一元化
適応性の高い配信
多言語の検索機能
エコシステムとの連携