企業ナレッジハブを構築するTridion

データ主導のナレッジ管理により、インテリジェントなコンテンツの作成、管理、配信を行い、あらゆるチャネルにあらゆる言語で配信することで、業務上の優位性と競争上の優位性を実現します。

企業全体の構造化されたオーサリングとコラボレーションにより、ビジネス上信頼できる唯一の情報源を確立し、従業員、パートナー、顧客のためのナレッジハブを構築して、企業価値を促進します。

パンフレットをダウンロード

信頼できる、構造化された制作と連携を企業全体で推進

California Casualty
「空いた膨大な時間でスタッフが高品質の顧客サービスを提供し、より効率的に業務を進められています」
California Casualty、Knowledge Management Team Manager、 Susan Lalor氏
Horiba Medical devices
「従来のドキュメント制作方法では対処しきれなかったので、(中略)ビジネスの成長に対応できる、繰り返し可能で拡張性に優れたプロセスを必要としていました」
Horiba Medical devices、Jean–Michel Guillot氏
Nielsen
「Tridionのテクノロジーの採用は[…]40~100%に達するコスト削減と時間短縮という大きなメリットをもたらしました」
Nielsen、Bruno Herrmann氏

主要な結果

適切な知識に裏付けられたインテリジェントな企業の構築。
Two finger touch screen
生産性が44%向上。
Document expand
情報の見つけやすさが75%向上
People down arrow
コンテンツの総数を81%削減
Document circle arrow
コンテンツの再利用率が32%向上。
 PDF down arrow
電話サポートが20%減少。

ビジネスアプリケーション

デジタル作業環境またはイントラネット サポートとセルフサービスの自動化

業務の継続性と回復力は、情報を豊富に持つ従業員にかかっています。Tridionを使用すれば、正確な情報を提示し、見つけやすさの問題を解決して、連携を効率化することにより、従業員とパートナーのためのデジタル作業環境を構築できます。 

方針、手順、ガイドライン、その他の価値の高い情報に容易にアクセスして、各プロセスのボトルネックとコンテンツのギャップを発見できるようになったため、どこに投資すべきかという決定をデータ主導で行えます。

自動化(RPA)をサポートセンターに適用して、コストを削減し、運用を迅速化します。知識を良く管理された簡潔なものにすることによって、チャットボットやセルフサービスを可能にする仮想アシスタントなどの、対話型ユーザーインターフェイスを導入することができます。 

Tridionは、高度に構造化され、セマンティックリッチで細かな形式で情報を管理します。複数の言語のコンテンツを処理し、複雑な製品とモデルのバリエーションに対応するので、適切な情報を確実に配信できます。また、他のAI/MLテクノロジーとの統合が容易で、RWSニューラル機械翻訳と完全に統合されているため、会話をその場で翻訳することができます。

主な特徴

Network circles
Agile icon inward outward arrows
Translation circles
Padlock shield document chart