ケーススタディ

Coca-Cola社、RWSの翻訳テクノロジーによりコストを大幅に削減

Coca-Cola Europacific Partners(CCEP)社は、RWSのソリューションを活用して、増加する翻訳需要に効率性とコスト効果の高い方法で対応しています。
Coca-Cola社、RWSの翻訳テクノロジーによりコストを大幅に削減

Coca-Cola Europacific Partners(CCEP)社は、Coca-Cola社の世界最大の独立系ボトラーです。従業員33,200人を擁し、西ヨーロッパ、オーストラリア、インドネシア、ニュージーランド、太平洋地域の顧客175万人にサービスを提供しています。 

79の製造施設を含む180か所以上の拠点を持つCCEP社は、膨大な翻訳需要を抱えています。コンテンツ量の増加に伴って言語サービスへの支出も増加する中、この需要に応えるためには、より効率的でコスト効果の高い方法を見つける必要がありました。

企業規模:

33,200人

会社所在地:

全世界
Coca-Cola Web Case Study RWS

「パートナーとしてRWSを強くお勧めします。RWSはレベルの高いサービスを提供しており、そのテクノロジーはCCEPにとって非常に有益であることが実証されています」 

「RWSをパートナーとして迎えたことで、さらなるメリットを得られ、テクノロジーを最大限に活用できるようになりました」 

「これらのツールを導入し、RWSと共に仕事をこなすという経験は、まさに素晴らしいの一言です!」

Elitza Dublewa-Servatius氏、CCEP社、Automated Translations部門マネージャー

課題

  • 複数の翻訳サプライヤ 
  • 一元的な管理や標準プロセスがない 
  • 用語と語調の不統一 
  • 自動化が限定的 
  • 翻訳に時間がかかりすぎる

結果

  • 翻訳量全体の50%以上を機械翻訳で処理
  • Language Weaverを使用し、最初の6か月で2,000万ワード以上を翻訳
  • 翻訳の迅速化 - シンプルな案件なら数日もかからず数分で完了
  • 高品質のMT - 以前よりも苦情が減少
  • 用語と語調の一貫性が向上